着物の種類

黒留袖 着物
くろとめそで 着物
くろとめそで
既婚女性の礼装
黒地の着物に五つ紋を染め抜き、裾模様を配した祝儀のための着物です。婚礼の振袖の袖を切って短くすることから、「留袖」は既婚女性のものとされています。
 
色留袖 着物
いろとめそで 着物
いろとめそで
未婚女性も着れる礼装
色留袖は、未婚既婚を問わず着ることのできる祝儀用の第一礼装です。黒留袖と同じく、五つ紋を付けるのが正式ですが、三つ紋(背と両袖の外側)や一つ紋(背のみ)といった略式にすると、 訪問着感覚で広範囲に着ることができます。
   

ふりそで
未婚女性の礼装
振袖には袖丈の長さにより、大振袖、中振袖、小振袖があり、袖丈が長いほど格調が高いとされています。花嫁衣裳には大振袖と呼ばれるもっとも袖の長いものを。また、着用目的や着る人の身長によって袖の長さが変わってきます。振袖の柄は、仮仕立てをしてから描かれるため、全体で見ると一枚の絵のような総模様に。
 

ほうもんぎ
礼装に代わる略式礼装
訪問着は社交着として既婚未婚を問わず、結婚式やパーティー、お茶会など様々な場に着ていくことができます。柄付けは、仮仕立てをしてから、縫い目で柄がつながるように描かれます。三つ紋(省略する場合は一つ紋)を入れると準礼装に。
   

いろむじ
一色無地染めの着物
一色に染めた着物で、三つ以上の紋を付ければ準礼装に、一つ紋は略礼装、無紋だとおしゃれ着にもなります。
 

こもん
全体的に柄が散りばめられた着物
おしゃれ着としての気軽さと、晴れ着としての華やかさを併せ持つ着物、それが小紋です。訪問着では大げさすぎ、でもちょっとおしゃれもしたい…そんなときに小紋はとても重宝します。あまり大規模でないパーティーやお茶会などに向きます。
   

つむぎ
先染めの糸で織った着物
紬は染めた糸を織って作られるため、縞や格子、絣などの幾何学的な柄が多く、柄が細かいほど熟練した技術が必要です。紬というと、どんなに高価でもふだん着という感覚が強いのですが、無地の紬に紋を付ければ準礼装として通用します。おしゃれ着としても、様々な楽しみ方のできる幅の広い着物です。
 

ゆかた
素肌の上に羽織る着物
浴衣は素肌に羽織る夏の湯上りの着物で、素足に下駄が浴衣らしくて素敵です。現代では昔ながらの紺白の柄だけではなく、洋風プリントのカラフルな浴衣が多く作られており、 最も身近な着物として親しまれています。